せんせいにっき

年少組 はさみを使って製作を楽しんでいます♪

2021.11.12

年少組では、日頃からクレパス・カラーマーカー・のり・はさみ等、様々な諸道具を使って製作することを楽しんでいます。
その中でも、今回ははさみの活動を紹介したいと思います。
幼稚園では、はさみの活動を始める前にはさみの約束事を話し合い、確認しながら取り組んでいます。

☆はさみの約束
・友だちに向けない
・服や髪を切らない
・振り回さない
・使い終わったらふたをする

また、はさみを正しく持てているか、保育者と一緒に確認しています。



1学期に行った初めてのはさみの活動では、直線の1回切り(ちょきん)や2回切り(ちょきん、ちょきん)を経験しました。


その後、七夕の笹飾りで星を切ったり、顔づくりで大きな〇を切ったりする経験をしました。
 

そして今回は、ギザギザ・なみなみの形を切る活動を行いました。線の向きに合わせて紙の向きを変えたり、細かくはさみを動かしたりして、集中して切り進める姿が見られました。子どもたちからは「上手に切れたよ!」「草の形になった!」などと、はさみの活動に意欲的に取り組み、達成感を感じているようでした。
また、クリスマス製作でもはさみの活動を取り入れる予定です。
ぜひ、ご家庭でもはさみお使い方を確認しながら、お子さまと一緒に取り組んでみてください。

 
 


 

年長組 芋ほりに行ったよ♪

2021.10.27

先日、年長組のみんなで芋ほりに行きました。

出発前に交通ルールの確認をし、軍手、スコップ、ビニール袋を持って芋畑までみんなで歩いて向かいました。

「いってきまーす♪」「いっぱい掘れるかな~♪」

 


芋畑が見えてくると「わぁ大きい畑だ~!」「早く掘りたいな~♪」と嬉しそうな表情を浮かべていました。

到着すると芋畑の方が迎えてくださり、さつま芋の育ち方や掘っていく上で大切なことを子どもたちに伝えていただきました。

 

「さつま芋は土の中で育つんだ!」「お芋がスコップで傷つかないように掘らないとね~!」

軍手をはめ、スコップを持っていよいよ芋ほりのスタートです。

土の中から出ている株のツルを1つずつ持ち、さつま芋を傷つけないよう周りの土から掘り進めていきました。

「お芋見えてきたよ!!」「ツルにたくさんお芋がついてきた!」
 


子どもたちは土に触れながら自分たちの手でさつま芋を掘る楽しさや収穫できた喜びを味わう様子が見られました。

これからも季節を感じながら様々なことに興味や関心をもち、子どもたちと一緒に活動を楽しんでいきたいと思います。





 

秋の自然物

2021.10.27

先日子どもたちはどんぐり山に行き、たくさんの秋の自然物を拾いました。
また、年長児は芋ほりにも行き、さつまいもをたくさん収穫しました。





どんぐり山での様子




どんぐり山で拾った自然物







芋ほりの様子

園ではこれらの自然物を使って製作をしたり、様々な種類のどんぐりを展示し、その形や大きさ・帽子の違いに気づき、不思議に思う気持ちを大切にしています。
また、年長児が収穫したさつまいもを子どもたちが観察できるよう展示しています。展示物から子どもたちはさつまいもができる過程を知ったり、さつまいもを手に取りその感触を楽しんだりする姿が見られます。

 


この季節ならではの自然を楽しめるよう、今後も様々な工夫をしたいと思います。
『ハッピーハロウィン♪』

2021.10.12

10月31日はハロウィンです。
ハロウィンは外国のお祭りで秋の収穫に感謝をする日です。
子どもたちがハロウィンというお祭りを知り、楽しめるよう園内に様々な飾りつけをしています。


職員室                  

  
職員室前


宙広場                    


お台所

子どもたちは「わぁ!ハロウィンだぁ」「なんでカボチャに目があるの??」と飾りつけに興味津々です!ハロウィンを子どもたちと楽しみたいと思います。
年少組 お遊戯を楽しんでいます♪

2021.10.04

 最近、年少組では、運動会のお遊戯に取り組んでいます。
「パンはパンでも」の歌のリズムに合わせて手拍子をしたり、身体を動かしたりして楽しんでいます。


 運動会を行う小学校の校庭に行った時には、「どんなところかな?」「たのしみ!」とわくわくしながら校庭に向かい、元気いっぱいお遊戯を踊りました。幼稚園に帰ってくると「また行きたい!」と次のお遊戯が待ち遠しい子どもたちも見られました。次の日登園してくると「おうちで踊ったよ!」「音楽かけて!」と張り切って踊る姿も見られました。

 また、手作りのポンポンをつけて踊ると「これ、お母さんと一緒に作ったよ!」と、より楽しんで踊っていました。

ポンポン作りのご協力ありがとうございました。

運動会当日の子どもたちのかわいく踊る姿を楽しみにご覧ください。















『かんたん製作遊び』

2021.08.16


8月になって緊急事態宣言が発出され、なかなか外出できず家で過ごす時間が増えたご家庭も多いのではないでしょうか。今回はおうちでも楽しめるトイレットペーパーの芯を使った簡単な遊びを紹介したいと思います。
<材料>
トイレットペーパーの芯
<道具>
はさみ(カラーマーカー・シールなど)

<作り方>
①    トイレットペーパーの芯を半分や1/3のサイズに切る。



②    切り口(ふち)に1cmほどの切りこみを等間隔に4か所入れる。



③    反対のふちにも同じように切り込みを入れる。
         
☆切り込みを深くしたりV字にしたりすると組み立てやすくなりますよ♪


④    切り込み同士を合わせて積み上げる。
  
 じゃーん!!

 いくつ組み合わせることができるかな?



カラーマーカーやシールなどを使ってオリジナルの素敵なブロックも作ってみてください♪


まだまだ暑い日が続きますが、お体に気をつけて楽しい夏休みをお過ごしください。
夏休み明けに元気いっぱいの子どもたちに会えるのを職員一同楽しみにしています。


 
クマゼミを見つけました!

2021.07.30

園庭にセミの抜け殻が現れ始め、元気なセミの声が聞こえ始めました。
 
セミの声が響くのは午前9時すぎの鉄棒近くの、さるすべりの木です。声のする方に子どもたちが集まっていました。“もしかして、セミにあえるかも!?”とワクワクしながら、一緒にセミの鳴き声のする方へ歩いていきました。



聞こえたのは「ジリジリジリ~~~~」と「シャンシャンシャ~ン」という鳴き声でした。
時には「ジリジリ~~シャンシャンシャ~ン」という鳴き声。年長組のこどもは「この鳴き方はクマゼミとアブラゼミかも!」と鳴き方をよく聞いて、何の種類のセミかを考えていました。そのまま、さるすべりの葉や花を見あげて「セミいるかな?」と、隅から隅まで探していると…。
「あそこにいるよ!!」
木の頂点ともいえる高い位置に1匹。
 
そこから離れた場所にも、もう1匹いました。

 
 大きめの黒い体で綺麗な透明の羽根を震わせながら一生懸命鳴いているのがわかりました。鳴く時にバタバタと羽根を震わせている姿を見た時、感動して鳥肌が立ちました。こんな貴重な瞬間を子どもたちとともに見ることがたできたのがうれしくて暑さはどこか飛んでいきました。
 
手の届く高さにセミがいたら、手に取って子どもたちに見てもらいたいですが、なかなか近くで見ることできません。「セミに会いたい!」という気持ちは子どもも大人も同じですね。
 
さるすべりの木を下から眺めていると、その願いが届いたのか、クマゼミが飛んできて木の下にとまりました。

「虫採り網使ってみる!絶対に捕まえるからね!頑張る!」うれしい知らせを聞いて子どもたちが集まってきました。


 あと一歩です。
 先生に抱っこしてもらい…             
         

 念願のクマゼミとご対面!
「やっとクマゼミに会えたね。」   
                                       
 年長組の子どもが登園時、幼稚園の前で捕まえたというアブラゼミ(左)とともに二匹並べてみました。
クマゼミの羽根が透明でとても綺麗でした。
 
 
「ジリジリジリ~~~」はアブラゼミ、「シャンシャンシャ~ン」はクマゼミ、鳴き声の定番といわれる「ミ~ンミンミンミンミンミ~ン」はミンミンゼミ。子どもたちは鳴き方を聞き分け、語り合いながら図鑑を見て体のしくみ等調べたりして楽しんでいます。
 
これから暑くなり、セミの鳴き声は暑さをより一層感じてしまう方もいると思いますが、セミの大合唱を全身に浴びて夏を思い切り感じるのも、この季節の醍醐味で8月になると、ヒグラシやツクツクボウシの声も聞こえてきます。
 長い夏休みが続きますが、お子さまと昆虫採集に出かけられた時、セミの声に耳を傾けてみたり、セミの種類に気づいていただいたりすると、セミ科の昆虫が愛おしく思えてくるようになり、ますます好きになられると思います。少し近づいてみてはいかがでしょうか。
 
年中組 ボディーペインティングをしたよ!

2021.07.20

 6月29日にばら・うめ組、7月6日にきく・ゆり組がボディーペインティングを行いました。
ボディーペインティングでは、子どもたちが絵の具を手足や体につけて絵の具の感触を味わい、Tシャツや大きな布にダイナミックにつけて表現して遊びます。
 
ボディーペインティング当日、登園するとすぐに「今日はボディーペインティングの日だよね!」「はやくペタペタしたいな~」などと、とても心待ちにしている子どもたちの姿が見られました。最初に約束事を確認して、いよいよスタートです。





手や足の裏にボディーペインティング用の絵の具をつけて服や、着ているTシャツや園で用意した布にどんどんつけていきます。始めは絵の具を手につけることに躊躇している子どももいましたが、行ううちに「きもちいいね~」「なんだかにゅるにゅるしてる!!」と感触を味わい、「○○くんのせなかぺたぺたしていい?」「△△ちゃんの服白いところあるからもっとぺたぺたしよ~!」などと、友だちと話しながら楽しんで取り組んでいました。また、「見てみて!青して紫して、オレンジしたら色がだんだん変わって、黒みたいな色になってきたー!!」と手のひらやTシャツにつけた絵の具が混ざり合い、色が変化していることを発見し嬉しそうに伝えてくれる子どもの姿も見られました。





これからも幼稚園だからこそできる、ダイナミックな遊びを楽しんでいきたいです。

 
年少組 製作活動 ~色水遊びでジュースを作ったよ☆~

2021.07.19

 園庭では、色水遊びをし、4色(赤・青・黄・白)を混ぜ、様々な色が出来ることを楽しんでいます。
 そこで、保育室でも色水遊びをし、作った色水をコップに見立てた画用紙に筆を使って塗り広げるという色作り遊びをしました。保育者が画用紙を子どもたちに見せ「美味しいジュースを作ってみましょう」と声をかけると「私は紫のジュースがいいな!」や「メロンジュース作りたい!!」などとそれぞれイメージを膨らませていました。
 
①赤、青、黄、白の中から2色選び、カップの中に入れる。
 
   
 
 
②筆で混ぜる
                                                                                                         
 
  
 
 
③画用紙のコップに塗り広げる。
 
   
 
 
 
 子どもたちは「私は赤と黄色を混ぜよー!」と言い、カップに慎重に絵の具を入れ、色が混ざり合うことを楽しんでいました。そして、出来上がったジュースを見て「青色と黄色を混ぜたら緑色になった!」や「紫色のぶどうジュースができたよ」と保育者に嬉しそうに見せる姿がありました。また「○○くんはこんなジュースが出来てるよ!」と友だちの作品にも興味を持ち、2色の色を混ぜると、様々な色に変化することを知ることが出来ました。
 これからも様々な製作に取り組む中で、色の変化に気づいたり、イメージしたものを様々な色を使って表現したりすることを楽しめるように、保育していきたいと思います。
『絵本の部屋』

2021.07.15

 絵本の部屋は、子どもたちが落ち着いて絵本を楽しめるように、机の配置や絵本の並べ方を工夫しています。
 特に外で遊ぶことのできない雨の日は、いつもより多くの子どもたちが遊びに来ます。



 自分で好きな絵本を選んで見たり、先生に絵本や紙芝居を読んでもらったり、あやとりの絵本を見ながら真似をしたりして楽しく過ごしています。





 ある日、年長組の子どもが年少組の子どもに絵本を読み聞かせている姿が見られました。預かり保育(りんご組)で顔見知りになり親しくなった二人が、偶然、絵本の部屋で出会ったようです。
 年少の子どもは読んでもらえる嬉しさを味わい、年長の子どもは読んであげる楽しさや頼られ慕われる喜びを味わっている姿が見られ、遊びを通して絵や字に触れています。

 このように子どもたちは、絵本の部屋や宙広場などで、異年齢の友だちと一緒に遊びながら様々な経験を重ね、遊びを楽しんでいます。

『今野翔太選手から、バスケットゴールをもらったよ!』

2021.07.14

この度、プロバスケットボール選手の今野翔太さんから、子ども用のバスケットゴール2台を寄贈していただきました。

日本のバスケットボール界を盛り上げていくために、多くの子どもたちにバスケットボールを知ってほしいという願いから、幼稚園や保育園にゴールを寄贈する活動をされている今野選手。

先日、園にお越しいただき、年長組の子どもたちとともにささやかな寄贈式を行いました。

バスケットボールってどんなスポーツ?
プロの選手ってどんな人かな?
真剣な表情と少し緊張ぎみな様子で今野選手と対面…。

優しくそして楽しくお話ししてくださる今野選手を前に、すぐに笑顔と笑い声で溢れ、今野選手のお話しに引き込まれていくこどもたちの姿がありました。

自己紹介の後様々なボールハンドリングやドリブルの技などをみせていただきプロの選手ってすごい!!と心奪われた様子のこどもたち。
『おぉ〜』と歓声があがったり、拍手がおこっていましたよ。

すごいなー!と思ったあとは、
やってみよう!!できるかな〜♪と挑戦モード!
みんなでシュートの体験もしました!
 
やったー!とおもわず喜びのガッツポーズも…♪

最後の質問タイムでは、こどもたちから
「どうして上手なんですか?」「どうしてバスケット選手になろうと思ったんですか?」等となんとも素敵な質問が!!
幼い頃にバスケットボールに出会い夢を抱いたお話しや、たくさん練習をして夢を叶えた話等をお聞きすることができました。

寄贈していただいたバスケットゴールは、子どもたちにとって様々なスポーツに触れる経験のひとつとなるよう、遊びの中で活用し、大切にしていきたいと思います!!

今野選手、ありがとうございました!


___________________
今野翔太選手
2007 大阪EVESSA入団
2013 信州ブレイブウォリアーズ 移籍
2014 大阪EVESSA復帰
2020 西宮ストークス 移籍
SPILITS ACADEMY箕面校 監修・指導
 
宙(そら)広場で七夕かざりをつくったよ!!

2021.07.09

自由あそびの時間、宙(そら)広場では、7月7日の七夕にちなんで、ぬりえや短冊・四角つなぎ・三角つなぎ・輪つなぎ等の、七夕笹飾りをつくって楽しみました。


いろいろな柄の紙や様々な色のおりがみを「どれにしようかな~」と友だちと一緒に選んでは、作り方の表示を見ながら、のりや色えんぴつを使い、楽しんで作る姿がありました。




また短冊の紙には、「おおきくなったらおはなやさんになるの!」と真剣に考えながら書いたり、「せんせいプリキュアになりたいってかいて~!」と保育者に願いごとを書いてもらったり、嬉しそうに笹に飾っていました。




七夕の日はあいにくの大雨でしたが、「今日は天の川がみえるかな」と空を見上げたり、「おりひめさまとひこぼしさまは会えたのかな」「くもの上で会ったかな」など、友だちと七夕について話す声が聞こえてきました。​​​​​​​


​​​​​​​

子どもたちが作った素敵な七夕飾りでいっぱいになりました。

今後も、その時々の季節を十分に感じ楽しめる宙(そら)広場を子どもたちと一緒に作っていきたいと思います。

みんなのすてきな願い事が叶いますように・・・♪

幼稚園にかぶとむしがやってきました!

2021.07.05

幼稚園で飼育している生き物に、新しくかぶとむしが仲間入りをしました!

子どもたちが興味をもって見ることができれば・・と自由遊びの時間に宙(そら)広場にかぶとむしが入った虫カゴと図鑑を置いています。
 

 

子どもたちは「かぶとむしだー!」「かわいい~!!」と興味津々!

中には、「触っていい?」と保育者にたずね、そーっとかぶとむしを持ち上げて、じっとお腹や足などを観察する子どももいました。
 


かぶとむしを見ながら、「かぶとむしって飛ぶよ!」「目はここだよ!」と年長児が年中・年少児に教えたり、
 


年少児がかぶとむしを触っていると「すごいね!」と年長・年中児が見守っていたり・・

異年齢の関わりをもちながら、観察すること・触れることを楽しんでいました。
 

かぶとむしとの触れ合いの中で観察する面白さを知り、小さな命への優しさや思いやりの気持ちを育むことができるようにしていきたいです。

年長組 『たのしまナイト☆』 の夕食 “夏野菜カレー”の具材を決めたよ!

2021.07.01

 幼稚園生活最後の1年となる年長組の子どもたちの特別な思い出になるよう、
夕刻に幼稚園に集まり、友だちや保育者と楽しむ日『たのしまナイト☆』を7月に開催します。
 
そこで、夕食に食べる“夏野菜カレー”の具材を年長組のみんなで決めました。

  
「夏野菜ってなにがあるかな?」  おうちの人に聞いて調べてきてくれた子どももいました!
 
たくさんの意見が出た中で、どのような方法で決めるのかも各クラスで話し合って決めました。
  
あみだくじで決めることになったクラスもあれば、投票で決めたクラスもありましたよ♪
「どれにしようかな?」「わたしはとうもろこしがいいな」
「早くぼくたちが決めた夏野菜カレーライスたべたいね!」



結果は・・・、かぼちゃ・とうもろこし・パプリカ・オクラに決定しました!
『たのしまナイト☆』当日には、自分たちで意見を出し合いながら決めた夏野菜カレーライスを
夕食にみんなで食べる特別感を味わいたいと思います。
『いろみずあそび』

2021.06.25

暑い日が続き、水を使ってあそぶことが気持ちの良い季節になりました。これから、水の感触を味わえるあそびをたくさん用意していきたいと思います。
園庭では、子どもたちが色の変化を楽しめるよう、4色(白・黄・赤・青)の絵の具をといた水とカップを用意しています。



「いちごジュースができたよー」と色水をカップに入れてジュースに見立てて遊ぶ姿や2色の色水をカップに入れて「混ぜるとこんな色になったよー」と喜ぶ姿、「この色は何色を混ぜるとできるのかなぁ?」と考える姿などが見られます。また、友だちと一緒に作りながら、「同じオレンジでも少し色が違うね」と会話する姿も見られます。



『なにいろができるかなぁ?』


『その色どうやってつくるの?』


『みてみて!こんな色ができたよ!!』


いろいろな色ができました☆

子どもたちはあそびを通して色への興味や関心が育っているようです。
これからも繰り返しあそぶことで、友だちと同じ色を作ろうと試行錯誤したり、色水の分量でできる色の違いに気づいたりする姿を大切に、色水遊びを楽しみたいと思います。

年少組 製作活動~かさと雨を作ったよ♪~

2021.06.17

 梅雨にちなんだ製作をしました。梅雨という季節があることを知り、はさみやスタンプを用いてかさや雨を表現することを楽しみました。また、初めてはさみを使う活動だったので、はさみの約束事(友だちに向けない・服や髪を切らない・使い終わったらキャップを閉める・振り回さない等)や、はさみの持ち方・使い方を一緒に確認しながらゆっくり丁寧に取り組みました。

①はさみで1回切り(チョキン)・2回切り(チョキ、チョキン)をする。

  

②スタンプ(プリンカップ・乳酸飲料の容器・洗濯ばさみ)で傘の模様をつける。

  

③①で切った画用紙を雨に見立てて、のりで貼る。

  

④名札を好きな所にのりで貼り、完成☆

  

 出来上がった製作を保育室に飾りました。それを見ながら子どもたちは「みてみて!わたしのかさ!」「○○くん、スタンプたくさんしたんだね!」と、自分の作品が飾られた喜びを味わったり、友だちの作品にも興味をもったりする姿が見られました。
 雨にちなんだ絵本を読んだり、♪かえるのうたや♪あめふりくまのこのピアノの音色を楽しんだりして、梅雨という季節を子どもたちと楽しみたいと思います。
 
年中組 製作活動~にじみ絵を楽しみました~

2021.06.16

年中組では、子どもたちが様々な表現方法を知り、経験することで新しい発見をしたり、イメージを広げたりし、より楽しんで意欲的に製作活動に取り組めるよう、毎月技法遊びを行っています。
 
4月に、日頃おえかきで使っているカラーマーカーを使用した、にじみ絵を楽しみました。
 
カラーマーカーで模様を描いた上から霧吹きで水を振りかけると、あら不思議
絵がにじんでいきます。子どもたちは色がにじんでいく様子を楽しんでいました。
 
5月には絵の具を使った、にじみ絵を楽しみました。

画用紙を水に浸した後、絵の具をつけた筆で、模様を描くとじわーっと絵の具が広がっていきます。子どもたちは色がにじむ様子を不思議そうに見たり、別の色を重ねると色が混ざり合っていく様子をじっくり見たりする姿がありました。
 
そんな技法を使って・・・お部屋に飾れる梅雨にちなんだ製作活動を行いました!
①ハサミで長靴の形を切る
 
直線や曲線も頑張って切りました。

②長靴の模様をにじみ絵の技法を使って描く。
カラーマーカーか絵の具のうち、もう一度やりたいと思う方を子どもたちが選びました。
 

「どっち向きにお散歩しようかな」と靴の向きを考えながら、模様をつけていきました。
 
③画用紙にクレパスでみずたまりを描き、ハサミで切ってながぐつを貼る。
 
 

 実際に園庭のみずたまりを見に行った子どもたちは、イメージを膨らませながらダイナミックに様々な形のみずたまりを描いていました。
 
④てるてる坊主を折り紙で折って貼る。
  
完成!!
出来上がった長靴は保育室に飾っています。
梅雨の時期ですが、色とりどりの長靴がお部屋を明るくしてくれています。


 
年長組 6月製作 パート② ~てるてる坊主作り(個人製作) 編~

2021.06.15

【個人製作(てるてる坊主作り) 】
 新聞紙やカラーポリ袋を使って、てるてる坊主を作りました。
「きれいな色だね~」「何色にするか迷っちゃう♪」などと新しい素材に目をキラキラ輝かせていました。

  

「ここもっておくね。」「うまくできる?」「なわとびの結び方と同じだよね」などと隣の友だち同士で協力しながら固結びに挑戦しました。

  

水性と油性マーカーの違いや用途を知った子どもたち。「どんなお顔にしようかな~?」「たくさん晴れるようにニコニコ笑顔にしたよ♪」などと油性マーカーを使って、思い思いの表情を描くことを楽しみました。

 

最後に、グループで作った雨空の好きなところにてるてる坊主をつけて完成です!

 



「あ!ぼくのてるてる坊主あった」「○○ちゃんのてるてる坊主かわいいね」「明日晴れますように・・・♪」と、自分たちが作ったものを保育室に飾る喜びを味わったり、雨が降っている日には、てるてる坊主にお願いをしたりしていました。
また、「もっとてるてる坊主を増やしたい!」「違う色の雨も描きたい!」と朝の自由遊びの時間にてるてる坊主や雨空を新たに作り、自分たちの製作に親しみをもちながら梅雨を楽しむ姿がみられました。
 今後も季節の移り変わり天候の変化に興味や関心がもてるよう声を掛けていきたいと思います。


 
年長組 6月製作 パート① ~雨空作り(グループ製作)編~

2021.06.15

 今年は平年より早い梅雨入りとなりましたが、天気の移り変わりや梅雨ならではの生き物などに触れることを楽しんで過ごしている子どもたち。

そんな子どもたちと5月末から、梅雨という時期について知り、梅雨にちなんだ製作を楽しみました。
 
【グループ製作(雨空作り) 】
大きな模造紙に白色のクレパスで雨や雲などの絵を描いた上に絵の具を塗り、はじき絵を楽しみました。
「ぼくはザーザー雨を描こう!」「わたしはここにカタツムリさん描いたよ!」

  

上から塗る絵の具の色(水色・青・薄紫・グレー)を4色中2色どれにするのか、グループの友だち同士で話し合って決めました。
「水色と薄紫にするのはどうかな?」「ここは青色にしてみる?」「しましま模様にしてみようよ!」などと、グループの友だちと一緒に、色を塗り進めながら一つの雨空を作り進める楽しさを味わいました。

 

next→「年長組6月製作 ~パート②てるてる坊主作り(個人製作) 編~」
ピアノの音色に合わせて…♪

2021.06.14

子どもたちはグループタイムで、季節の歌などに親しみをもち、保育者のピアノの音色を聴きながら、リズムに合わせて手拍子をしたり、身体を動かしたりして表現することを楽しむ姿が見られています。

  

今は、コロナ感染対策の一環から歌をうたうことを控えていますが、緊急事態宣言が解除されたら、少しずつ歌をうたい始めようと思います。

    


子どもたちの元気いっぱいな歌声を聴けることが今からとても楽しみです♪

 
前へ 1 2 次へ

ページトップへ戻る